神戸大学大学院 経営学研究科 社会人MBAコース公式同窓会

MBA Cafe

『神戸大学MBA 20th Reunion』の開催報告

『神戸大学MBA設立20周年記念式典』を終えて

 去る3月20日、前日までの雨も上がり快晴となった神戸大学の六甲台キャンパスにて、『神戸大学MBA設立20周年記念式典』が挙行されました。本式典は、神戸大学大学院経営学研究科の主催、そして、現代経営学研究所(RIAM)とMBA Cafeの共催にて、「神戸大学 MBA 20th Reunion 実行委員会(委員長:三品和広教授)」の下でオペレーションが行われました。当日は、総勢約200名が参集する盛会となりました。皆さまにとって、久々の母校、恩師や懐かしい同窓生との再会など親睦を改めて深めていただいたと共に、設立20周年の大切な節目を盛大に祝う素晴らしいセレモニーとなったのではないでしょうか。お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。


 当日の式典は三部構成からなり、はじめは格調高くスタートし、徐々に打ち解け、最後はお祭りムードで打ち上がるという流れとなりました。

 第一部の「教員サイドから見たMBA(表のストーリー)」では、まず、加登豊研究科長から、20年間の歴史を概観していただいた後、大御所の田村正紀名誉教授、加護野忠男教授、石井淳蔵名誉教授、谷武幸名誉教授のリレーによる、本コースの設立に関わる歴史的な経緯や苦労話、そして神戸大学と他大学との違いを通じた社会における位置づけや独自のアイデンティティに関するエピソードを知る貴重な機会となりました。

 次に、第二部のStage-1では、「OB学生サイドから見たMBA(裏のストーリー)」として、表と裏のストーリーの橋渡し役を金井壽宏教授にお願いし、歴代の学生を代表として、北村禎宏さん(94年、神戸ビジネスコンサルティング)、木曽誠一さん(99年、田辺三菱製薬)、南野美紀さん(01年、ベルヴィーヌ)、竹内雄司さん(07年、マツダ)から、それぞれのキャリアにおける神戸大学MBAについての本音に迫ってお話いただきました。

 そして、第二部のStage-2では、MBA Cafeの齊藤浩史さん(04年、毎日放送)と竹内千佳さん(04年、P&G)の司会の下、遊び心一杯にMBAホルダーの実力を1分弱で試すべく、「エレベータ・トーク」の場面を設定して20名の方々が挑戦する、参加型即興ゲームも楽しんでいただきました。

 さらに、第三部の懇親会では、MBA Cafeの大場規生さん(07年、ファイザー)の司会で、あの伊丹敬之先生からお祝いのメッセージが披露され、会場から湧き上がった拍手は、まさに感動的なものがありました。続いて、月桂冠様のご協賛による鏡開き、そして、サントリー様からは、この記念すべき式典の乾杯のため、最高級のプレミアム・モルツを、万代さまからはソフトドリンクを提供いただく等、まさにお祭りムードの素晴らしいセレモニーとなりました。


 今回参加された皆さま方のご活躍の様子を伺ったり、短い時間でしたがお話をさせていただき、改めて私が感じたこと。それは、MBAを修了された皆さまの個々の能力の高さであり、この自律分散したポテンシャルの高い個々のエネルギーが社会には確実に存在しているという事実、そして、それらがある目標に向かってネットワーク化され動き始めると、きっと素晴らしい時代の波が創り出されるのではないかという可能性を確信できたということでした。

 どんな目標に対して動き出すかは、それぞれの時代や社会が求める課題に依存します。しかし、その実質的な目標は、未来への先導という役割を認識するリーダーが抱く問題意識と可能性への挑戦という志によって設定されるのではないでしょうか。神戸大学MBAのブランドを背負う我々、修了生・現役生も、まさに、新しい時代を切り開くリーダーシップと社会への貢献が期待されているものと考えます。そして、自律分散したエネルギーがネットワーク化された活動となれば、大げさかもしれませんが、地域社会の知のインフラとなり、いずれはソーシャル・イノベーションへとつながっていくのだと思います。


 今回、私たちは、神戸大学MBAの歴史のある節目に偶然居合わせただけかもしれません。しかし、この記念イベントにかかわり、そこで仲間との再会を通じ、互いに知的刺激を受け、ほんの少し自分たちの立ち位置を省みたことで、また今日から新たなストーリーを仲間たちと一緒に創るべく歩き始めるきっかけとなったのではないでしょうか。

 さて、MBA Cafeは、これからどんな新しいフロンティアを切り拓いて行くことができるのか。単なる同窓会活動に留まることなく、どこか期待感のある知のプラットフォームとして社会に貢献できる組織になるよう試行錯誤を重ね、皆さまと一緒に夢を追いかけて行ければと思います。でも、まずは、肩肘張らずに、翌日3月21日のテニス部設立(主将:畠山健治さん、00年、武田薬品工業)から。

 これからもMBA Cafeの活動に関し、みなさまのご理解とご支援の程、よろしくお願い致します。


MBA Cafe 会長 芦 谷 武 彦
(2004年入学 関西電力(株))
Takehiko Ashiya



記念式典会場
記念式典会場

三品教授とMBA Cafe 20th Reunion 実行委員
三品教授とMBA Cafe 20th Reunion 実行委員

前ページへ戻る