神戸大学大学院 経営学研究科 社会人MBAコース公式同窓会

MBA Cafe

全体最適のサプライチェーン-
産業界の利益をむしばむ金喰い虫を退治せよっ!-
(2009/6/2)のお知らせ

☆☆☆ ネットワーキング・イベントのご案内 ☆☆☆

MBA Cafe理事の松尾(03年、大日本住友製薬)です。 5月病なんか吹き飛ばして、頑張ってまいりましょう!!
さて、MBA Cafeでは平日の晩に「大阪凌霜クラブ セミナールーム」をお借りして、メーカーやコンサルタント等、業界の方々によります講演会を開催させていただいております。
この度、6月2日(火)に、ゴールドラット・コンサルティングのディレクターであります、岸良裕司氏によります『全体最適のサプライチェーン-産業界の利益をむしばむ金喰い虫を退治せよっ!-』という講演会を開催することとなりました。 岸良さんは日本TOC推進協議会理事であり、「過剰管理の処方箋」など、多くの著書も出されておられます。 (Theory Of Constraint:制約理論) 奮ってお申込ください。
(定員30名)


全世界で1000万人が読み、各地で幅広い分野で目覚ましい成功事例が続出している「ザ・ゴール」。 この本の著者エリヤフ・ゴールドラット博士が開発した全体最適の経営改革手法がTOC(Theory Of Constraint)です。TOCは開発したゴールドラット博士の意向もあり、20年間近く、その最先端の手法が日本に紹介されることが封印されてきました。現在でも、日本に紹介されているTOCの多くの手法も実は10-20年前に開発されたものです。この期間も、そして現在もTOCは進化しつづけ、工場生産、ロジスティックス、サービス、プロジェクトマネジメント、行政、組織問題、経営会計手法など、さまざまな分野に展開され目覚ましい成果を出し続けています。

「ものごとを複雑だと捉える限り、それは本質を理解していないのだ」とゴールドラット博士が強く主張している影響も受けて、最先端の手法は、よりわかりやすく、よりシンプルに、より実践的に進化しています。現在のTOCは、より複雑で、変化の激しい、現代の組織の変革を、いかにシンプルに扱い、全体最適で変革していくかについて、実践的、かつロジカルな方法を提供する解決策を中心に進化しています。

企業活動は一企業だけで成り立っているわけではありません。最終ユーザーである消費者から、メーカー、サプライヤー、協力業者など様々なステークホルダーに支えられています。その現実の中で、企業変革のもっとも重要な核は、その組織の中よりも、外部との関係をいかに全体最適で進めるかということにあります。今回は、ますます厳しくなる環境の中で、一企業の変革だけでなく、それらの全体のサプライチェーンの変革をいかに全体最適で進めていくか、具体的な事例も交えてTOCの最新の知識体系をわかりやすく提供させていただきます。

■テーマ■
『全体最適のサプライチェーン-産業界の利益をむしばむ金喰い虫を退治せよっ!-』
■講演内容■
  • ・産業界全体の利益をむしばむもの
  • ・問題を解決するハードサイエンスのアプローチ
  • ・LOSE-LOSEを生む利害関係の対立
  • ・妥協から生まれる際限なきコストダウン要求
  • ・本当に大切なものは何かを見極めるWIN-WINの解決策
  • ・大野耐一氏の偉業をサプライチェーンの全体最適に展開する
  • ・シンプルで、劇的なパラダイムシフト
■講演者■
 岸良 裕司氏(きしら ゆうじ)氏
 -ゴールドラット・コンサルティング・ディレクター-
■開催日時■
2009年6月2日(火) 19:30~21:00
 ※ 受付開始は19:00よりを予定
■開催会場■
神戸大学 学友会 大阪クラブ
  大阪凌霜クラブ セミナールーム
  (大阪駅前第一ビル11F,南西側)
  http://home.kobe-u.com/osaka/
〒530-0001
  大阪市北区梅田1-3-1
  大阪駅第1ビル 11階
  TEL:06-6345-1150
■参加費■
無 料 (MBAcafe会員)
 ※ 非会員の方はその場で入会手続きができます。
なお、会場の関係で、限定30名までとさせて頂きます。
  皆さまのご参加をお待ちしております
■申し込み・お問い合わせ
E-mailにて、『6月2日のイベント参加希望』とのタイトルで、
1.「お名前」と「入学年度」
2.「懇親会への出席希望」
をご記入頂き、 kobembacafe@hotmail.co.jp までご連絡ください。
kobembacafe@hotmail.co.jpメールはこちらへ

前ページへ戻る